スポンサードリンク

近視の種類

近視には様々な特徴により種類があります。

その近視の種類をいくつか挙げてみたいと思います。

○屈折性近視
角膜および水晶体の曲率が強くて焦点が短過ぎ、網膜より前方に焦点を結んでしまうもの。

○軸性近視
眼球が通常より前後に長いため、水晶体と網膜との距離が長過ぎ、網膜よりも前方に像を結んでしまうもの。 遺伝性の近視は大半が軸性に分類され、補正を必要とする。 眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっており、網膜剥離を起こしやすい。

○偽近視
眼の疲労により一時的に近視のような状態になること。仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれる。近視に含めない考えで単に調節緊張と呼ぶ者もいる。

テレビやパーソナルコンピュータ等で目を酷使した後は強くなり、目を休めたり遠くを見ると弱くなる。点眼薬を使って調整を麻痺させないかぎり完全に無くなることはない。視力に問題が無い者を含めて万人が持っているものである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

という事で近視にはこれらの種類がありますが、最近は近視になってしまったときには、レーシックなどによる手術を行う場合も増えています。

また近視治療矯正なども頻繁に行われるようになっており、現代人と近視とは深いつながりができてきました。

近視になったら眼科やクリニックなどで、診察を受け、自分にあった治療矯正、あるいは手術などを受けると良いと思います。




posted by 近視ママ at 15:34 | 近視の種類
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。